産経ニュース

六条大路、北側にも溝出土 大安寺旧境内「横断」を裏付け 奈良

地方 地方

記事詳細

更新


六条大路、北側にも溝出土 大安寺旧境内「横断」を裏付け 奈良

 南都七大寺に数えられる大安寺(奈良市)の旧境内で、平城京を東西に走っていた「六条大路」の側溝とみられる溝が南北両側で見つかり、奈良市教委が16日に発表した。昨年、現場の約50メートル西で南側溝とみられる溝を確認。北側にも新たに溝が確認されたことで、道幅約15メートルの六条大路が境内を横断していた可能性がさらに高まった。

 今回の調査では、南側溝とみられる溝の延長線上で東西に延びる溝が出土。そこから約15メートル北側で、幅約1・7メートルの溝が約3メートルにわたって見つかった。

 大安寺は奈良時代、盆地南部にあった前身の大官大寺が平城京遷都に伴い、現在地に移転。金堂や講堂が並ぶ主要伽藍(がらん)の南側に塔院が設けられ、東西塔が建立されたとされる。主要伽藍と塔院との間に六条大路が横断していたかどうか、長年議論されてきたが、今回の調査結果は六条大路が存在したとする説を裏付ける根拠となりそうだ。

 南側の溝付近では、大量の瓦を捨てた12世紀ごろの土坑が見つかり、多色に彩られた奈良三彩(さんさい)陶器や高級硯「宝珠硯(ほうじゅけん)」の破片も出土。さらに南では、9~11世紀の掘立柱(ほったてばしら)建物跡や井戸が確認された。平安時代以降における塔院の利用状況の一端がうかがえるという。

 市教委は来年度以降も調査を続ける予定で、担当者は「大安寺の配置を考える上で六条大路は重要。存在が確定すれば、大路を取り込んで寺が造られたことになる」としている。

 現地説明会は18日午前10時~午後3時。問い合わせは市埋蔵文化財調査センター(電)0742・33・1821。