産経ニュース

長男の逮捕受け井樋都議が辞職 補選行わず

地方 地方

記事詳細

更新


長男の逮捕受け井樋都議が辞職 補選行わず

 共産党の井樋匡利(いび・まさとし)都議(54)は15日、大学生の長男が強制わいせつ容疑で逮捕されたことを受けて議員辞職した。井樋氏は同日、都庁で会見し「被害者におわび申し上げる。公職にあるものとして地域への責任として辞したい」と述べた。

 井樋氏は調布市議などを経て、今年7月の都議選に出馬し、初当選した。公職選挙法の規定では、都議の場合、欠員が2人以上か知事選にならない限り、補選は行われない。

 井樋氏の長男で大学生の葉月容疑者(20)は10月6日夜、調布市内の路上で20代の女性に後ろから抱きつき、下半身を触るなどしたとして今月14日に逮捕された。容疑をおおむね認めているという。