産経ニュース

「1年目から1軍出場」 西武6位指名の糸魚川白嶺・綱島が決意

地方 地方

記事詳細

更新


「1年目から1軍出場」 西武6位指名の糸魚川白嶺・綱島が決意

 糸魚川市出身で糸魚川白嶺高3年の綱島龍生選手(17)が、26日に行われたプロ野球のドラフト会議で西武ライオンズから6位で指名された。「信じられず、頭が真っ白になった。でも本当にうれしかった」。夢にみたプロ入りの道が目の前に開け、喜びにあふれる。目標も高い。「1年目から1軍で試合に出場できるように、どんどんアピールしていきたい」と意気込んでいる。(松崎翼)

 身長178センチ、体重72キロと大柄ではないものの、遠投110メートルの強肩と50メートルを6・0秒で走る俊足を誇り、身体能力は高い。長打を左右に放つ打撃力を買われ、同校では1年からレギュラーに定着。遊撃手としてチームを牽引(けんいん)し、不動の3番打者として活躍した。

 ドラフトでの指名に向け、今夏の県大会の3回戦で敗退した後も、ほぼ休むことなくグラウンドで練習を続けてきたという。

 ドラフト会議のときも練習中で、インターネットのニュース速報を見ていたチームメートから6位指名を知らされた。西武の印象は「若い選手が多く素晴らしいチーム」。シーズン歴代最多安打記録を持つ西武の秋山翔吾選手のような打者になりたいという。

 対戦したい投手はソフトバンクのサファテ投手。「めちゃくちゃ速い球を打ってみたい」と笑顔をみせた。

 丸山卓真監督は教え子について「無口な男だが、パワーがつき、人間的に大きく成長した」と評する。指名されたと分かったときには「自分も子供みたいに『やったー』と叫んでしまった」と苦笑いした。

 26日のドラフト会議では、村上市の村上桜ケ丘高時代に「越後のダルビッシュ」と呼ばれた胎内市出身の国士舘大4年、椎野新投手(22)がソフトバンクから4位指名を受けた。育成枠では、上越市の関根学園高3年の外野手、荒井颯太選手(18)が巨人から8位で指名され、新潟アルビレックスBCの渡辺雄大投手(26)がソフトバンクから6位指名を受けた。

                  ◇

 ■強い球打ち返す力つける

 --指名時の気持ちは

 「呼ばれるなら西武か巨人だと思っていた。プロ野球選手は小さいころからの夢。どこの球団でも入る気持ちだったので良かった」

 --周囲の反応は

 「いつもと全然違った。クラスメートなどから『おめでとう』と声を掛けられ、うれしかった」

 --両親は

 「電話で伝えると『知ってるよ。良かったね』と祝福してもらった」

 --球団からの連絡は

 「スカウトの方から『けがをせず、練習をしっかりやってレベルアップしてほしい』と言われた」

 --心掛けていることは

 「外野の間を抜くバッティングをして、足を生かし二塁打を三塁打にできるように練習してきた。木製バットにも慣れてきた」

 --課題は

 「プロの力強い球を打ち返すパワーが課題。力をつけていきたい」

 --県民の期待も大きい

 「期待を裏切らないように結果を出していきたい」