産経ニュース

下野市、コンビニにAED設置

地方 地方

記事詳細

更新


下野市、コンビニにAED設置

 救命率向上のため、下野市は11月から、市内のコンビニエンスストアのチェーン3社の22店に自動体外式除細動器(AED)を設置する。今月26日に協定を結び、各店舗で利用できるようにする。

 自治体がAEDを購入してコンビニ店に設置するのは県内で初の取り組み。同市では公共施設などに計82台、市内を運行しするバスに計5台のAEDを設置しているが、夜間や休日などの対応を考え、深夜も営業するコンビニ店への設置を検討してきた。

 協定を結ぶ3社は、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ミニストップ。セブンイレブンは市内全12店、ミニストップは市内全3店、ファミリーマートは病院内店舗など一部店舗を除く7店に設置する。