産経ニュース

【衆院選候補者アンケート】群馬3区 憲法改正で意見対立

地方 地方

記事詳細

更新

【衆院選候補者アンケート】
群馬3区 憲法改正で意見対立

 自民の前職と立憲民主党の新人の一騎打ちとなった3区では、北朝鮮への対応やアベノミクスの評価で両候補の主張が真っ向から対立。

 北朝鮮対応で必要なことは、「圧力を最大限に強化」とする笹川氏に対し、長谷川氏は「対話による外交交渉」とした。

 アベノミクスの評価でも意見が分かれ、笹川氏は「国の経済停滞は打破された」。長谷川氏は「失敗」と断定、「国民の消費意欲は改善していない」と厳しく批判している。

 憲法9条への自衛隊明記をめぐっても見解は異なる。笹川氏が、「自衛隊=違憲」との議論が生まれる「余地をなくすこと」と主張するのに対し、長谷川氏は9条に「今時点で触れるべきではない」と反対した。消費税増税や野党再編の動きについても見解を聞いた。

                   ◇

 ◆質問

 (1)ミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮の脅威をどうとらえ、どのような対処が適切だとお考えですか

 (2)憲法改正の賛否と、安倍晋三自民党総裁の「9条に自衛隊を明記する」ことへの考えをお聞かせください

 (3)安倍政権が5年間にわたって進めてきた経済政策「アベノミクス」を、どう評価しますか

 (4)消費税増税の賛否と、増税分を幼児教育・高校教育の無償化などに充てることについてどうお考えですか

 (5)衆院解散へと向かう中で起きた野党をめぐる急激な再編の動きを、どう評価しますか

                   ◇

 ■長谷川嘉一氏(64) 立新

 (1)対話による外交交渉が大前提。圧力一辺倒で物事が解決に向かうことはない。かつて戦前の日本がそうであったように追い込まれれば、北朝鮮は武力行使に出る可能性がある。日本政府は本当にこれを防げるのか

 (2)改正の必要性についての国民的議論が不足している。ましてや9条の問題については、今時点で触れるべきではない

 (3)失敗であり、これによってわれわれの実質所得はこの間減少している。しかも、2%の物価上昇目標は5年間ではあるが遠い水準であり、実体経済も国民の消費意欲も改善していない

 (4)今の時点で消費税を上げられる環境にない。前回と同様に経済はさらに落ち込むこととなる。教育関連の無償化や負担の軽減は振り向けて行うべき重要課題

 (5)今の時代を象徴している。時代を前に進めなければならない。そのためには、今後予期できないこともあり得ると覚悟して対応していく

                   ◇

 ■笹川博義氏(51) 自前

 (1)数々の国際約束をほごにした北朝鮮の過去や脅威が重大かつ差し迫っている現状をかんがみれば、今は対話のための対話を行うときではなく、圧力を最大限に強化し、北朝鮮に政策の変更を強く迫ることが必要

 (2)国民の理解を得つつ、憲法改正を目指す。自衛隊は国民から高い信頼を得ており、自衛隊の任務の重要性をかんがみれば、「自衛隊は違憲かもしれない」という議論が生まれる余地をなくすことは重要な課題

 (3)11年ぶりとなる6四半期連続のプラス成長を記録するなど経済・雇用指標は軒並み最高水準を更新。わが国の経済停滞は打破され、マイナスからプラス成長に大きく転換、内需主導の力強い経済成長が実現された

 (4)子育て・介護の問題に政策資源を投入する「全世代型社会保障」への転換が必要。子育て世代への投資と社会保障の安定化にバランスよく充当し、景気への悪影響を軽減しながら財政再建も確実に実行する

 (5)有権者の目線に立ったものとは思えない