産経ニュース

静岡・伊東市、健康作りでDHCと協定 アプリ活用など検討

地方 地方

記事詳細

更新


静岡・伊東市、健康作りでDHCと協定 アプリ活用など検討

 伊東市は6日、化粧・健康食品会社「DHC」と、健康作り事業推進のための包括連携協定を結んだ。詳細な事業は今後、同社との間で詰めるが、食事の栄養バランスを取ったり、運動を行うことでポイントがもらえるスマートフォンなどの「健幸マイレージ」アプリを使い、市民の健康管理をサポートする案などが浮上している。アプリでたまったポイントはDHCの商品などと交換できる。

 赤ちゃんの先天性疾患の一つである「神経管閉鎖障害」の予防に効果があるといわれる「葉酸サプリ」を母子手帳とともに配布するプロジェクトの実施なども検討する。

 同市はまた、災害時にDHCがサプリメントなどの健康補助食品を提供することなどを柱とする災害時支援協定も同社との間で締結した。