産経ニュース

共産、5候補予定者取り下げ 神奈川5区・水戸氏は出馬見送り

地方 地方

記事詳細

更新


共産、5候補予定者取り下げ 神奈川5区・水戸氏は出馬見送り

 県内選挙区で共産党と、枝野幸男元官房長官が結成した新党「立憲民主党」など野党が候補者調整を加速させている。共産党県委員会は5日、立憲民主党から出馬を予定している1、4、7区と同党からの出馬を含めて検討中の民進党前職がいる6区、社民党から出馬を予定している15区の計5選挙区で立候補予定者を取り下げると発表。野党共闘が実現する見通しとなった。一方、5区から出馬予定だった民進党前職の水戸将史氏は出馬見送りを発表。新党「希望の党」の立候補予定者を支援する方針で、与野党の対決構図が鮮明になってきた。

 共産党県委員会の田母神悟委員長は記者会見し、「希望の党は憲法改正を容認する立場。連携することはあり得ない」と断言。その上で「野党共闘は消滅するわけではない」とし、立憲民主党や社民党との間で立候補予定者の一本化を進めることを明言し、共産党が立候補予定者を取り下げた選挙区では野党候補を支援する方針を示した。

 6区では前職の青柳陽一郎氏が党所属を決めていないが、田母神委員長は「安倍政権と対決するという大局に立った上での判断だ」として立候補予定者を取り下げた。一方、2区では立憲民主党の新人、高橋野枝氏が立候補を予定しているが、「以前から(共産党が)活動している」として取り下げない方針だ。

 共産党が“必勝候補”と位置づける10区の前職、畑野君枝氏に対しては社民党が支持する予定。一方、社民党から出馬する15区の新人、佐々木克己氏に対しては共産党が支持する。

 また、野党間の協議で、共産党が擁立を見送ることになっていた18区については、7区から出馬予定だった若林靖久氏が区を変更して出馬する。18区をめぐっては、自由党から立候補予定だった元職、樋高剛氏が千葉12区から希望の党公認で出馬することが決まり、18区から出馬を予定していた旧民主党元職の三村和也氏は希望の党公認でそのまま同区から出馬することが決定した。「有権者にとって、憲法改正反対などの選択肢がなくなる」(田母神委員長)ことから若林氏の擁立を決めたという。

 水戸氏は県庁で記者会見に臨み、出馬見送りを発表。希望の党から5区での立候補を予定している新人の吉岡憲史氏を支援するとした上で、「自民党に対抗する構図を作りたい。立憲民主党に行く選択肢もあったが、考え方で温度差があった」と語った。