産経ニュース

「支え合える街、天理に」再選の並河市長が初登庁で決意 奈良

地方 地方

記事詳細

更新


「支え合える街、天理に」再選の並河市長が初登庁で決意 奈良

 天理市長選で再選を果たした並河健氏(38)が2日、初登庁し「しっかりと身を正しながら、より一層精進したい。市政は一人の力ではできない。ぜひみなさんの力を貸してほしい」と職員らに呼びかけた。

 その後の記者会見では、「さまざまな施策を、議会や職員、市民、県と連携を密に取りながら、『支え合える街、天理』をキャッチフレーズに、持続可能な財政運営に注力したい」と2期目の決意を述べた。

 並河氏は外務省職員などを経て、平成25年10月、同市長選に立候補し初当選。先月24日告示の市長選で無投票で再選を決めた。