産経ニュース

NPO施設傷害致死 地域との接点少なく「得体知れぬ」住民不安 千葉・市川

地方 地方

記事詳細

更新


NPO施設傷害致死 地域との接点少なく「得体知れぬ」住民不安 千葉・市川

 千葉県市川市北方町のNPO法人施設で入居者の川久保儀子さん=当時(84)=の遺体が見つかった事件は、施設を管理する職員の生田玲子容疑者(55)が傷害致死容疑などで再逮捕される事態に発展した。外部との接点が少ない施設だが、近隣には幼稚園や高校もあり、住民からは不安の声が上がった。

 近所に住む女性(85)は「5年ほど前に友人が生活に困って入ったが10日ほどで出てきた」と話す。また、「入居者の年齢層はばらばらだが、外国人が子連れで入っていたらしい」とも明かした。

 70代女性は「テレビカメラが来ていて驚いた。出入りしている人も含めてよく分からない施設なのに、幼稚園や高校の裏にあるのはどうかと思う」と眉をひそめる。

 運営するNPO法人のホームページや関係者によると、施設には生活困窮者や高齢者の女性が入居。職員が入居者の自立支援をしているといい、個室や共同の食堂などもあるという。

 19日にも買い物袋を持った入居者とみられる数人の女性の出入りはあったが、一様に報道陣の取材には応えず、足早に門の中に入っていった。