産経ニュース

旅行商品、共同開発へ JR四国と4国立大が協定

地方 地方

記事詳細

更新


旅行商品、共同開発へ JR四国と4国立大が協定

 JR四国と香川大、徳島大、愛媛大、高知大の4国立大は11日、四国の地域活性化を目的に、観光振興や人材育成で連携する協定を結び、高松市内で締結式を開いた。

 JR四国によると、各大学と旅行商品の共同開発に取り組み、平成31年春ごろの販売を目指す。ほかに大学の講義への社員派遣やインターンシップの実施なども検討している。

 JR四国の半井真司社長は締結式で「人口減少など全国に先駆けて進む課題に対して『オール四国』で連携し、より多くの方に四国へ来ていただけるようにしたい」とあいさつ。

 香川大の長尾省吾学長は「学生の若い感性と目線を生かした今までにない旅行商品を期待している」と話した。

 JR各社と大学間の同様の協定は、JR西日本米子支社と島根大、JR東日本大宮支社と埼玉大、同秋田支社と国際教養大(秋田市)などの例がある。

 JR四国によると、エリア内各県の大学と一斉に協定を結ぶのは全国初という。