産経ニュース

企業貸し農園、柏に完成 最大96人の障害者就労 千葉

地方 地方

記事詳細

更新


企業貸し農園、柏に完成 最大96人の障害者就労 千葉

 障害者の雇用の受け皿となる企業向け貸し農園「わーくはぴねす農園 柏ファーム」が、柏市藤ケ谷新田に完成した。企業に義務づけられた障害者の法定雇用率2・0%が多くの企業で実現できていないなか、障害者就労支援を行う会社「エスプールプラス」が開設したもので、県内7カ所目。5社に雇用された障害を持つ社員23人でスタート、最大96人がここで働けるという。

 「柏ファーム」は約2万6千平方メートル。32棟の野菜ハウスでコマツナ、トマトなどを栽培する。現在、働いているのはメーカーなどに就職した人たちだ。収穫された野菜は、勤務先の企業の社員食堂などで使われる。

 エスプールプラス社によると、障害者の雇用が進まないのは、見合った職種が少ないことが大きな理由だという。そこで同社は、障害者でも働きやすい農業に着目。企業に農園を貸し出し、その企業に雇用された障害者が働くシステムを開発した。市原市など県内を中心にサービスを展開。すでに既存の農園で約500人が就労している。

 5日に行われた柏ファームの開所式で、和田一紀社長は「1千人の就労を目指す」とし、就労者の一人、上原雅美さん(39)は「ここで元気に働きたい」と話した。