産経ニュース

土浦市立図書館お引っ越し 11月開館に向けボランティア募集

地方 地方

記事詳細

更新


土浦市立図書館お引っ越し 11月開館に向けボランティア募集

 8月末に44年の歴史に幕を閉じ、閉館した旧土浦市立図書館(同市文京町)の移転作業が急ピッチで進められている。JR土浦駅北地区の複合ビル「アルカス土浦」(同市大和町)に入る新図書館のオープンは11月27日。蔵書や資料を整理する作業が続く中、土浦市はこの機会に図書館の魅力を市民に体感してもおうと、作業を手伝うボランティアも募集している。

 土浦市立図書館は大正13(1924)年に開館し、県内では石岡、県立図書館に次いで3番目に古い。昭和48年に同市文京町に移り、平成28年には約1万2千人が利用したが、老朽化などで同駅前に移転することになった。

 新図書館は地上4階の複合ビルで、面積は5120平方メートルと旧図書館の約4・4倍。旧図書館の蔵書28万冊に7万冊を追加し、開館時は35万冊でスタート。さらに56万冊まで増やし、面積や蔵書数は市町村図書館としては県内最大規模となる。

 移転作業は、旧図書館にある28万冊を段ボール約9千箱に分けて、新図書館に運搬し、司書らが本の仕分けや書架に入れる。移転作業と並行して図書に読み取り用のICタグを付ける作業も行っており、同市は平日に働けるボランティア50人を募集している。

 同市は対象者を土浦市民としているが、近隣自治体の住民や土日限定で参加したいという問い合わせも多く、同市では改めて参加資格を検討している。

 入沢弘子館長は「複合ビルの1、2階はギャラリーや情報発信コーナーも設けた図書館らしくない施設。土浦駅からペデストリアンデッキ(歩行者専用道路)で直結しているので、電車を待つ時間に気軽に利用してほしい」と呼びかけている。

 土浦市はかつて県南の商都として栄えたが、近年では郊外店の進出などで商店街に元気がない。だが、市内には高校や大学・短大、専門学校が多く、同市では平成30年春をめどに同駅ビル「ペルチ土浦」(同市有明町)に整備されるサイクリングの拠点施設とあわせて、市街地ににぎわいを取り戻したい考えだ。

 入沢館長は「市外からたまたま訪れた人も図書館で情報を入手して市内をめぐったり、土浦を再び訪れたりしてほしい」と新図書館の開設に期待をかけている。

 ボランティアの問い合わせは(電)029・822・3025。(篠崎理)