産経ニュース

眞子さまご婚約内定 栃木県内から祝福の声相次ぐ 

地方 地方

記事詳細

更新


眞子さまご婚約内定 栃木県内から祝福の声相次ぐ 

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと国際基督教大(ICU)時代の同級生、小室圭さんとのご婚約内定が発表され、眞子さまが小室さんとそろって記者会見に臨まれた3日、県内も祝福ムードに包まれた。眞子さまは秋篠宮ご夫妻、妹の佳子さま、弟の悠仁さまとともに何度も那須御用邸(那須町)や御料牧場(高根沢町、芳賀町)を訪れており、秋篠宮さまのご視察を受けた農家や関係者からは会見での眞子さまの様子に目を細めて「お幸せになってほしい」の喜びの声が相次いだ。

 秋篠宮さまが総裁を務める大日本農会の顧問を務める大田原市の農業、五月女昌巳さん(71)はテレビで会見を見ていた。秋篠宮さまの誕生日に同会の仲間とともにお祝いに出向いたことがあり、眞子さまについては静かで奥ゆかしいところが印象的だったという。五月女さんは平成27年12月に秋篠宮さまのご視察を受けている。

 この日は「(テレビでの会見のご様子は)落ち着いていてお二人とも相手を思いやる気持ちが伝わってきた」と話し、「まずはご健康で幸せな家庭を築いてほしい」と願った。

 また天皇、皇后両陛下が視察された那須地域の農家でつくる「那須嚶鳴会(おうめいかい)」会長で那須塩原市の農業、市村利男さん(72)は家族で会見の様子をテレビで見て「ご婚約が正式に内定され最高にうれしい。(会見では)九州北部豪雨についても気遣われ、すばらしい方だと改めて感じた。お幸せになってほしい」と喜んだ。

 眞子さまが秋篠宮さまとともにご家族で訪れた御料牧場に夫が勤務していた高根沢町の主婦、森田広子さん(87)は「大変喜ばしい。夫となる小室さんも誠実でおだやかなで立派な方だと思う。(御料牧場に)またお見えになっていただければ、みなさんも励みになると思う」と話した。

 御料牧場の近くでブドウ園を営む同町の農業、小林チイ子さん(74)も「本当にお幸せそうでよかった。『おめでとうございます』と心からお祝いしたい」と祝福。今年結婚するという宇都宮市の女性(27)は、「さわやかな会見だった。お二人で愛を育んでいってほしい」と話した。

 福田富一知事は同日「県民一同にとって大きな喜びであり県民を代表して心からお祝いを申し上げる。温かいご家庭をお築きになりぜひ、ご家族で本県にお越しいただきたい」との謹話を発表。那須御用邸のある那須町の高久勝町長も「ご婚約については心からお喜び申し上げます。皇室の方々に愛された那須の地で新しいご家族とご静養いただける日を町民とともにお持ちしている」とコメントした。