産経ニュース

「文句多くて早く卒業させたかった」大型二輪不正合格の疑いで男逮捕、検定員ら書類送検

地方 地方

記事詳細

更新


「文句多くて早く卒業させたかった」大型二輪不正合格の疑いで男逮捕、検定員ら書類送検

 大型自動二輪車の卒業検定試験で不合格と判断されたことに言いがかりをつけ、不正に合格証明書の交付を受けたとして、神奈川県警交通捜査課などが虚偽有印公文書作成教唆・同行使などの疑いで、自称会社役員、川瀬検司容疑者(54)=厚木市林=を逮捕していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

 同課などは同日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、現場の「厚木中央自動車学校」(厚木市及川)元部長代理の男(58)や当時の検定員の男(47)ら3人を書類送検。元部長代理らは「教習中から文句が多かった。早く卒業させようと思い、やってしまった」などといずれも容疑を認めている。

 同課によると、自動車などの検定試験で、不合格者に合格証明書を発行して立件されたのは、全国初とみられるという。

 元部長代理の男らの送検容疑は、昨年10月30日、同自動車学校で大型自動二輪車の卒業検定試験を受けていた川瀬容疑者が実際には不合格だったにもかかわらず、不正に合格証明書を交付したとしている。

 同課によると、川瀬容疑者は幅約30センチ、長さ約15メートルの平均台を走行中に脱輪。検定員の男は不合格と判断したが、川瀬容疑者が「滑っただけだ」などと詰め寄ったため、元部長代理の男らと相談し、合格証明書を交付したという。

 川瀬容疑者は逮捕容疑について「俺は試験に落ちていない」などと否認しているという。