産経ニュース

東久留米の特養でO157に10人感染

地方 地方

記事詳細

更新


東久留米の特養でO157に10人感染

 都は14日、東久留米市内の特別養護老人ホームで、入所者や職員計10人の腸管出血性大腸菌O157の集団感染が発生したと発表した。いずれも軽症で回復に向かっている。

 8月1日以降、複数の入所者が下痢の症状を訴えた。保健所による検査の結果、70代から90代の入所者9人、職員1人への感染が確認された。都では、例年7~9月はO157の流行期であるため、同様の施設に対し衛生管理の徹底を呼びかけている。