産経ニュース

【ペリリュー島 忘れられた戦場を訪ねて】(上)今も残る高崎歩兵連隊激戦の爪痕

地方 地方

記事詳細

更新

【ペリリュー島 忘れられた戦場を訪ねて】
(上)今も残る高崎歩兵連隊激戦の爪痕

 先の大戦で日本軍約1万人が玉砕したパラオ諸島ペリリュー島。「3日あれば占領できる」と豪語した米軍を、高崎歩兵連隊などの日本軍は4分の1の兵力で73日間にわたってくぎ付けにした。米軍の死傷率も史上最も高く、そのあまりの犠牲者の多さと過酷さから、ほとんど語られてこなかったため「忘れられた戦場」と呼ばれる。生々しい痕跡が島の至るところに残り、激戦を今に伝えている。

 6月18日、コロール島からボートで1時間、世界遺産の美しい島々を縫うようにしてペリリュー島に到着した。焼けつくような日差しの下、参加者とともに慰霊を行った。慰霊の旅は戦後70年の節目となる平成27年4月9日、天皇、皇后両陛下が慰霊されたことで注目を集め、戦跡を訪ねる日本人が増えているという。

 昭和19年9月、サイパン、テニアン、グアムを攻略した米軍の次の目標はペリリュー島飛行場だった。フィリピン総攻撃態勢を敷く米軍にとって、この島を放置すれば日本軍航空機がフィリピン攻略の邪魔となり、占領すれば飛行基地として使用できる。ペリリュー島の戦いは「東洋一」といわれた飛行場の争奪戦であった。

 ガダルカナル上陸以来、栄光と精強をうたわれたウィリアム・M・ルパータス少将率いる米海兵隊第1海兵師団2万8千人が上陸を開始したのは、9月15日早朝だった。南北9キロ、東西3キロのペリリュー島を、ルパータス少将は「こんな小さな島は3日もあれば占領できる」と豪語し、2個師団約4万人の海兵、陸軍部隊をつぎ込んだ。

 迎え撃つのは、日本陸軍高崎歩兵第15連隊(連隊長・飯田義栄少佐)1842人、水戸歩兵第2連隊(連隊長・中川州男大佐)3488人を中心とする守備隊9838人。中川大佐は、隆起珊瑚礁の島の至る所にある自然の洞窟を縦横無尽に拡張して要塞化し、上陸が予想される南部には最精鋭の千明(ちぎら)武久大尉率いる高崎歩兵第15連隊第3大隊750人を配置した。

 千明大尉は片品村に生まれ、旧制沼田中学から昭和10年に陸軍士官学校56期生として入校した。士官学校時代、天覧試合にも出場した剣道の達人で、当時、28歳だった。

 米軍上陸前、日本軍は3日間にわたるすさまじい砲爆撃にさらされ、ジャングルは消え、がれきの山となった。だが「西浜」と呼ばれた南部海岸から上陸を始めた米軍に向け、日本軍が一斉に砲射撃を浴びせる。

 千明大隊も猛攻撃を加え上陸部隊を混乱させる。米軍上陸後は「アンパン」と呼ばれる地雷を抱き、敵戦車下に潜り込み自爆する戦法を千明大隊が繰り返し、米軍を恐怖のどん底に陥れた。しかし、9月16日未明、千明大尉が指揮中に敵銃弾を受け、戦死。指揮官を失った後も反撃を続けたが、18日までに750人が玉砕した。群馬県出身者を中心とする全員が20歳前半の現役兵だった。

 玉砕は必至とみていた中川大佐は、事前に内地にこう連絡していた。

 --通信断絶の顧慮大となるをもって最後の電報は左記の如く致したく承知相成(あいなり)たし

 一 軍旗を完全に処し奉(たてまつ)れり

 二 機秘密書類は異●なく処理せり

 右の場合、サクラを連送するにつき報告相成たし

 今回の慰霊ではペリリュー島北部の北波止場から上陸し、海軍航空司令部跡に向かった。現在はジャングルに覆われているが、当時は滑走路を一望できた。頑丈なコンクリート造りで、地下には待避壕もある。しかし天井には無残な穴が開き、壁には無数の銃痕が残り、米軍の砲爆撃の苛烈さを物語っている。 (将口泰浩=作家)

                   ◇

 【将口泰浩氏と行く トラック諸島慰霊の旅】連合艦隊泊地だったトラック諸島(現ミクロネシア連邦チューク州)を訪ねるツアーを開催。

 将口氏はトラック諸島に渡り、「冒険ダン吉」のモデルにもなった森小弁の生涯を描いた「ダン吉」を産経新聞で連載した。

 平成29年9月24日(日)=成田からチュークへ▽2日~5日目=チューク巡訪▽6日目=成田へ。旅行代金は1人39万6000円。問い合わせは「JTBコーポレートセールス 霞が関第六事業部営業1課」(〒100-6051 東京都千代田区霞が関3の2の5 霞が関ビルディング12階)(電)03・6737・9361、FAX03・6737・9365

●=状の旧字体