産経ニュース

【横浜市長選】林文子氏が3選 「子育て・高齢者問題しっかりと取り組みたい」 

地方 地方

記事詳細

更新

【横浜市長選】
林文子氏が3選 「子育て・高齢者問題しっかりと取り組みたい」 

3選を確実にし、バンザイする林文子氏=30日、横浜市中区(川上朝栄撮影) 3選を確実にし、バンザイする林文子氏=30日、横浜市中区(川上朝栄撮影)

 任期満了に伴う横浜市長選は30日、投開票され、無所属で現職の林文子氏(71)=自民、公明推薦=が、いずれも新人で、元衆院議員の長島一由氏(50)、元市議の伊藤大貴氏(39)を破り、3選を果たした。過去2回の市長選で推薦した旧民主党系の民進議員や連合神奈川も林氏を支援し、明確な与野党対決の構図にはならなかった。

 林氏は、女性活躍や子育て支援、企業誘致などの経済対策など2期8年の実績をアピールするとともに、今後の防災対策や少子高齢化対策などを訴え、支持を集めた。一方、長島氏、伊藤氏はともに、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致反対や中学校給食実現などを争点に選挙戦を繰り広げたが、支持は広がらなかった。

 投票率は37・23%で、過去最低だった前回平成25年の29・05%を上回った。

 午後8時過ぎ、同市中区の選挙事務所に「当選確実」の知らせが入ると、集まった大勢の支援者から一斉に歓声が上がった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 林文子氏が3選 「子育て・高齢者問題しっかりと取り組みたい」 
  • 林文子氏が3選 「子育て・高齢者問題しっかりと取り組みたい」