産経ニュース

「勝って街を盛り上げる」 ボクシング・岩佐選手が柏市長を表敬

地方 地方

記事詳細

更新


「勝って街を盛り上げる」 ボクシング・岩佐選手が柏市長を表敬

 9月13日、大阪でIBF(国際ボクシング連盟)世界スーパーバンタム級王座に挑む、柏市出身の岩佐亮佑選手(27)が、所属するセレスボクシングスポーツジムの小林昭司会長と柏市役所を訪れ、秋山浩保市長に世界戦挑戦を報告した。対戦相手の現王者は高校時代のライバル、小国以載選手(29)=角海老宝石。秋山市長の「チャンピオンベルトを持ち帰って」との激励に、「必ず勝って、柏の街を盛り上げる」と約束した。

 岩佐選手は中学2年で地元のセレスジムに通い始め、市立習志野高校3年の時には選抜、インターハイ、国体を制覇する「高校3冠」。プロ転向後は25戦23勝(15KO)。チャンピオンの小国選手とは高校時代に対戦し圧勝した実績がある。

 「柏で防衛戦を行うのが夢」と語る岩佐選手。小林会長は「県内ジムからはまだ世界チャンピオンが生まれていない。岩佐選手が初の王者となって弾みをつけたい。応援をお願いしたい」と話した。