産経ニュース

絵はがきで宝塚の昔知って 市立中央図書館、180枚展示 兵庫

地方 地方

記事詳細

更新


絵はがきで宝塚の昔知って 市立中央図書館、180枚展示 兵庫

宝塚市立中央図書館で展示されている絵はがき=同市清荒神 宝塚市立中央図書館で展示されている絵はがき=同市清荒神

 宝塚市に関連する人物や風景などが描かれた明治末期から昭和の絵はがきを紹介する企画展「絵はがきでみる宝塚のむかし」が、市立中央図書館(同市清荒神)で開かれている。7月17日まで。

 同館では約5千枚の絵はがきを所蔵。市民から「宝塚の昔の姿が知りたい」といった声を受け、パネル解説と合わせて約180枚を展示している。

 大正半ばから昭和初期ごろの宝塚大劇場の全景やトップスターだった八千草薫さんらの絵はがきを紹介。明治末頃の旧温泉、大正末から昭和初期の新温泉劇場道の風景写真の絵はがきもあり、宝塚の歴史を感じられる構成となっている。

 午前10時~午後5時。入場無料。水曜と7月14日は休館。問い合わせは同館(電)0797・84・6121。