産経ニュース

【横浜市長選】主要3候補予定者出揃う

地方 地方

記事詳細

更新

【横浜市長選】
主要3候補予定者出揃う

 ■伊藤氏 「反カジノ」で出馬を表明

 ■林氏 自公や連合神奈川が推薦

 ■長島氏 無党派層の取り込み狙う

 7月16日告示、30日投開票の横浜市長選で、民進党市議の伊藤大貴(ひろたか)氏(39)=緑区選出=が20日、無所属での立候補を正式表明した。カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致反対や中学校給食実現などを訴える。自身の離党の有無や市議辞職の時期、他党との連携などについては明言を避けた。これですでに出馬を表明している元衆院議員の長島一由氏(50)、現職で3選を目指す林文子氏(71)の主要候補予定者3氏が出そろい、いよいよ本格的な選挙戦に突入する。(那須慎一)

                   ◇

 民進党県連は、伊藤氏と林氏から推薦依頼を受けていたが、党内には林氏を推す旧民主党系と、伊藤氏を推す旧維新系の議員がおり、分裂回避のために両氏の推薦を見送り、自主投票を決めている。

 伊藤氏は同日夕方に会見し、「市政をよくすること、特にカジノ問題で突っ込んだ議論をしようという仲間とともに協議し、党の推薦はないが、候補予定者になる環境が整ったと判断した」と出馬表明の理由を述べた。

 具体的な政策は改めて発表するとしたうえで、カジノ誘致反対と中学校給食実現に加え、オープンデータを活用した「ポジティブな行政改革」▽英語教育をはじめとする「公教育の充実」▽豊かで市民であることを誇れる「シビックプライドの醸成」-の3点を特に訴えていきたいと説明した。

 伊藤氏は東京都出身。早大大学院理工学研究科修了後、出版社記者や江田憲司衆院議員(8区)の秘書を経て、平成19年、市議選に無所属で出馬して、初当選した。現在3期目を務める。

 市長選をめぐっては、中田宏前市長の辞職にともなう21年の選挙で、当時の民主党が林氏を推薦し、初当選した。25年の選挙では自民、公明、民進3党の推薦を受け、林氏が再選している。

 今回、林氏は無所属の出馬で自民、公明が推薦を決めているほか、連合神奈川も推薦を決定。企業や団体、文化人らで構成する市民団体「林文子市長の再選をめざす横浜市民の会」も林氏の3選を全面的に支援するなど、労働界や財界の支持を集める。待機児童解消など2期の実績をふまえ、防災や福祉施策の強化などを訴える。

 長島氏は「カジノ誘致反対」を前面に打ち出すとともに、政党支援などを受けず、「しがらみがない分、市民の常識で政策を打ち出せば市民が味方についてくれる」と訴え、無党派層の取り込みを狙う。カジノ以外にも、待機児童ゼロや税金の無駄遣いをなくして福祉に回すといった点をアピールする考えだ。