産経ニュース

「千葉開府900年」に向けロゴ作成 市、PR動画で節目盛り上げ

地方 地方

記事詳細

更新


「千葉開府900年」に向けロゴ作成 市、PR動画で節目盛り上げ

 千葉市は、「千葉開府900年」にあたる2026年に向けた取り組みのシンボルとなるロゴマークを作成した。千葉のまちの礎を築いたとされる千葉氏の魅力などを紹介するPR映像も制作、動画共有サイト「ユーチューブ」で閲覧可能。節目の年に向けて“お祭りムード”を盛り上げる。

 ロゴマークは「千葉開府 Road to 900」とデザイン。千葉氏の家紋が表示され、縦と横、モノクロなど計10種類作成した。誰でも市のホームページからダウンロードして自由に使うことができる。

 今月1日の「開府の日」を記念し、4日には千葉商工会議所(千葉市)が「千葉氏フォーラム」を開催。専門家が鎌倉時代の食文化について講演するなど、当時の料理を現代のグルメによみがえらせた。

 同市中央区の郷土博物館で18日まで、鎌倉時代の食器類などを通じた食文化について企画展を行っている。記念のロゴの完成と合わせて「千葉開府900年を盛り上げていきたい」(同市担当者)としている。

 問い合わせは、同市総合政策局都市アイデンティティ推進室(電)043・245・5660。