産経ニュース

柳学園、「蒼開」中・高校に 30年度から校名変更 兵庫

地方 地方

記事詳細

更新


柳学園、「蒼開」中・高校に 30年度から校名変更 兵庫

新しい制服の前で「蒼開中学・高校」のポスターを手にする柳学園関係者=6日、洲本市下加茂 新しい制服の前で「蒼開中学・高校」のポスターを手にする柳学園関係者=6日、洲本市下加茂

 学校法人柳学園は6日、経営する私立柳学園高校と同中学・高校(洲本市下加茂)に平成30年度からコース制を導入して「蒼開(そうかい)高校」「蒼開中学」と校名変更すると発表した。柳弘一郎理事長は「少子化や多様性に応えられるようコース制を導入し、2つに分かれていた学校を発展的に一体化させたい」とした。

 同校は現在、中高一貫の進学部(1学年定員中学60人、高校70人)と高校に普通科(同50人)があるが、制服や行事も異なっているという。30年度から中学校に中高一貫の6カ年コース(同30人)に加え、卒業後は島内外の難関公私立高校進学を目指す3カ年コース(同30人)を新設する。

 高校には「スーパー特進コース」(同30人)「グローバル進学コース」(同30人)「アスリート進学コース」(同40人)の3コースを新設。中高一貫と高校から入学する特進コースで東大、京大、阪大、神大など難関国公立大への進学者数18人を目標にするという。

 スポーツではなでしこリーグ経験者を指導者に招いた女子サッカー部、女子プロ野球、兵庫ディオーネの協力で女子硬式野球部を新設し、既存の男子サッカー部、柔道部とともに「強化指定クラブ」とし、アスリート進学コースの生徒が全国大会出場などを目指す。

 進学やスポーツ強化の特色を打ち出すことで島外からの生徒受け入れを目指し、男子寮に加えて女子寮や新校舎建設も計画しているという。中高合わせた定員は現在の540人から570人に増える。

 30年度からピンストライプの入ったグレーの制服に一新する。在校生は現在の課程を卒業まで履修し、制服も現在のままという。柳理事長は「コース制導入で学校が大きく変わるので校名を変える。『蒼』という文字はスケールが大きく、元気にまっすぐ成長してほしいという思いを込めた」と話した。