産経ニュース

榛東のポピー、今年で見納めか 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


榛東のポピー、今年で見納めか 群馬

 赤やピンク、白のポピーが咲き乱れ、県内外の観光客らを引きつける榛東村新井の「ポピーの里 桃泉(ももいずみ)」の継続が危ぶまれている。維持してきたメンバーの高齢化などで昨年末から手入れができない状態にある。今は、昨年咲いたポピーのこぼれ種が自然に育ち、鮮やかな花を咲かせているが、今年で見納めになる可能性も出ている。

 「ポピーの里」は、平成18年から榛東村12区の長寿会メンバーが村の名物にしようと協力して始めた。約1万平方メートルの農作放棄地の土起しや肥料やり、草刈りなどして育ててきた。毎年来るという安中市の芝山薫さん(64)は「娘と一緒に優雅な花見ができ、いい思い出になりました」と話すが、長寿会代表、上原敏護さん(81)は「会員が金を出し合い、善意で続けてきた。遠くから来る常連さんもいるが、もう体力の限界。できれば誰かに続けてもらいたい…」と残念そうに語った。