産経ニュース

政宗公祭る瑞鳳殿 命日法要でご開帳 宮城

地方 地方

記事詳細

更新


政宗公祭る瑞鳳殿 命日法要でご開帳 宮城

 生誕450年を迎えた仙台藩祖・伊達政宗公の命日(382回忌)にあたる24日、仙台市青葉区の瑞鳳殿で法要が営まれた。政宗公の木像が安置されている本殿もご開帳、参列者は厳粛な雰囲気の中で藩祖をしのんだ。

 法要は、仙台伊達家18代当主の伊達泰宗さん(58)を迎え、仙台藩志会ら関係者が参列。本殿前で花や茶を献上する儀式の後、政宗公の菩提寺である瑞巌寺(松島町)や覚範寺(仙台市青葉区)など、伊達家と縁のある寺院の僧侶らが読経を行った。

 泰宗さんは、生誕450年行事が各地で開かれていることに触れ、「ここに眠られている政宗公もお喜びかと思います」と話した。

 政宗像のご開帳は、命日や七夕など、年間6日間のみ。兵庫県から来た50代の女性は「節目の年に来ることができてよかった」と感慨深い様子だった。