産経ニュース

立夏は「こだますいかの日」 生産者らが記念日登録 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


立夏は「こだますいかの日」 生産者らが記念日登録 茨城

 全国有数の「こだますいか」の産地として知名度向上を図るため、筑西、桜川両市の生産者らが、二十四節気の立夏(今年は5月5日)を「こだますいかの日」とすることを決め、本格的にPRに乗り出す。

 JA北つくば協和支店(筑西市上星谷)で26日に開かれた記念日制定式典で、日本記念日協会から交付された「記念日登録証」が、JA北つくばこだま西瓜部会長の大久保修一さん(54)に手渡された。

 大久保さんはあいさつで「高品質を維持して他の生産地の追随を許さない名実ともに日本一の産地づくりにあたりたい」と決意を語った。