産経ニュース

「山姥切」展、経済効果4億円 足利市立美術館、入館者最多3万7820人 栃木

地方 地方

記事詳細

更新


「山姥切」展、経済効果4億円 足利市立美術館、入館者最多3万7820人 栃木

 足利市立美術館(同市通)で開催された安土桃山時代の刀工、堀川国広の名刀「山姥切(やまんばぎり)国広」の展示の入館者が3万7820人を数え、同館展示でこれまでの最多の3倍以上に上ったことが、同市教育委員会のまとめで分かった。史跡足利学校(同市昌平町)の入館者も前年同期比の4倍に膨らんだ。市は経済効果も4億円前後に上るとみている。

 特別展「今、超克のとき。山姥切国広 いざ、足利」は3月4日~今月2日の29日間開催。3連休の中日となった3月19日には入館者1760人、1日平均1300人で、47都道府県をはじめ米国、中国、シンガポールなど海外からも若い女性らが訪れた。

 同館のこれまでの記録は1カ月換算で1万2千人。また、平成27年度の入館者総数は4回の企画展を合わせて2万5千人で、国広展の1カ月だけで前年度の1・5倍の入館者を集めた。入館料収入は1890万円で、前年度1年間の9倍強に上った。

 また、刀剣資料を展示した足利学校の期間中の入館者は3万4千人。入館料収入は1100万円を超え、前年同期の4倍。国広展の影響で28年度の入館者数は21万人以上となり、21年ぶりに20万人を超えた。

 市教委文化課は「2万人程度を見込んだが、予想をはるかに超えた」と驚きを隠さない。要因として、(1)山姥切国広がオンラインゲーム「刀剣乱舞」の人気キャラクター(2)個人蔵の名刀で20年ぶりの公開とあって、関心を集めた(3)全国からのアクセスが比較的良かった-などとしている。

 入館料収入のほか、市観光協会の観光施設「太平記館」などでの土産品や関連グッズなどの売り上げは「例年同期の3倍」。宿泊施設は土日中心に満室となり、飲食店にも長蛇の列ができた。老舗和菓子店でも看板商品が飛ぶように売れたという。

 市産業観光部は「課題とされる足利学校、鑁阿寺(ばんなじ)を核とする旧市街地での観光客の回遊につながり、経済効果につながった」としている。(川岸等)