産経ニュース

ライチョウ 来月から人工繁殖 長野・大町

地方 地方

記事詳細

更新


ライチョウ 来月から人工繁殖 長野・大町

 大町市立大町山岳博物館は29日、人工飼育中の国の天然記念物のニホンライチョウについて4月以降、人工繁殖に取り組むと発表した。

 飼育中のニホンライチョウは雄2羽、雌1羽の計3羽。生息地の乗鞍岳(長野、岐阜県)で採卵した卵からかえったものだ。ほかに上野動物園(東京)と富山市ファミリーパークでもそれぞれ人工飼育に取り組んでいる。

 ライチョウはもともと4羽いたが、昨年12月に1羽が逃げ、これまでに7件の情報提供があったが見つかっていない。同博物館は引き続き情報提供を呼びかけている。