産経ニュース

児童養護施設退所者に住宅支援 月2万円で住宅貸し出し 足立区

地方 地方

記事詳細

更新


児童養護施設退所者に住宅支援 月2万円で住宅貸し出し 足立区

 足立区は14日、区内の児童養護施設などの退所者に、単身者向けの区営住宅を月額2万円程度の家賃で貸し出す方針を明らかにした。退所者の家賃負担を軽減し、自立を支援する狙い。区営住宅条例の改正案が区議会で可決されれば、5月下旬から入居者の募集を開始する。

 入居対象は、区内の児童養護施設や自立援助ホーム計5施設の退所者で、18~23歳までの男女。予定戸数は平成29年度と30年度が各2戸、31年度が1戸の計5戸。いずれも1DKタイプの住宅で、居住可能期間は、最長5年間。

 入居戸数については、今後の募集状況などを踏まえて検討するという。

 同区は「生活費の大部分を占める家賃を支援する取り組みにより、退所者の生活が安定するまでの期間を支えられればいい」としている。