産経ニュース

島根大図書館に地域情報コミュニティラボ

地方 地方

記事詳細

更新


島根大図書館に地域情報コミュニティラボ

 島根大は、地元の企業や行政などの情報拠点となる「地域情報コミュニティラボ」を、松江市の同大学付属図書館内に開設した。ラボ活用の第1弾として、島根県内の銑鉄(せんてつ)鋳物産業をテーマにした展示会が開催されている。10日まで。

 地域情報コミュニティラボは、同大学を中心とした地域の高等教育機関が連携、地域に貢献する人材の育成を目指す「しまねクリエイティブラボネットワーク」の一角となる。付属図書館の展示室を活用、「地域を知る」を目的として、地元の企業や行政、NPO法人などと連携した情報集積・交流の拠点とする。

 第1弾の展示は、同大学と県銑鉄鋳物工業組合が共同開催する「鐵(てつ)の造形-島根県銑鉄鋳物産業の技と匠」。組合の加盟企業6社が、製品を展示したり、所有する技術を解説したりして、全国4位の生産量・額を誇る島根の基幹産業・銑鉄鋳物産業の魅力を紹介している。また、業界を挙げて取り組んだ「鉄のふるさとしまねイメージコンテスト」で最優秀賞を獲得した島根大総合理工学部3年、今川翔平さんの「ご縁玉」はじめ、優秀作品を展示。学生ら若い世代に鋳物のイメージを提案してもらった力作が紹介されている。

 「鋳物は前工程の産業だけにアピールが苦手だが、重要な産業。たたら製鉄だけではないもう一つの『鉄の島根』の世界を学生たちに知ってもらいたい」と同組合の重親守理事長。3日正午から、ギャラリートークの講師を務める。