産経ニュース

鹿児島・出水平野でツルの北帰行始まる

地方 地方

記事詳細

更新


鹿児島・出水平野でツルの北帰行始まる

 国内最大のツルの越冬地、鹿児島県・出水平野で、ツルの北帰行が始まった。絶滅危惧種のマナヅルやナベヅルなど1万羽以上が、3月末までに繁殖地の中国東北部やロシア南部へ向かう。

 出水市ツル博物館クレインパークいずみによると、25日午前にマナヅル7羽が北帰行するのが確認された。昨年より6日早く、平年並みという。出水平野のツルは国の特別天然記念物で、今季は昨年10月から約1万2千羽が飛来した。

 同館の担当者は「来季も元気な姿で出水に来てほしい」と話した。