産経ニュース

入所者に暴行容疑 渋川のホームで2人目の逮捕者

地方 地方

記事詳細

更新


入所者に暴行容疑 渋川のホームで2人目の逮捕者

 県警は17日、渋川市の有料老人ホーム「グランドホームベルジ南渋川」で入所者の胸ぐらをつかんだなどとして、暴行の疑いで、富岡市富岡の介護士、松本吉久容疑者(54)を逮捕した。調べに対し容疑を否認している。同ホームでは先月16日、同容疑で元介護職員の土屋平被告(32)=暴行罪で起訴=が逮捕されていた。松本容疑者は先月中旬に同ホームを退職し県内の他の有料老人ホームで働いているという。逮捕容疑は昨年7月、勤務先だったホームに入所する被害男性=当時(53)=の胸ぐらをつかむなど暴行したとしている。

 被害男性は土屋被告からも暴行を受けており、先月30日に肺炎で死亡している。死因と暴行の因果関係は明らかになっていない。土屋被告の逮捕後、県警が捜査をする過程で同ホーム関係者から「暴行したのは土屋被告だけでない」などの情報があり松本容疑者が浮上。県警は日常的な暴行があった可能性もあるとみて捜査を進める。

 現在同ホームでは正職員とパート合わせて38人が勤務している。