産経ニュース

ボトル1本60万円! 「世界一の高級茶」販売 神奈川

地方 地方

記事詳細

更新


ボトル1本60万円! 「世界一の高級茶」販売 神奈川

 ワインボトル入りの高級茶飲料を製造・販売する「ロイヤルブルーティージャパン」(茅ケ崎市)が、1本(750ミリリットル)60万円(税込み64万8千円)という「世界一の高級茶飲料」を販売している。昨年の農林水産大臣賞(玉露の部)を受賞した最高級玉露の茶葉を使用したもので、同社では「本物の高級茶を伝えていきたい」としている。

 製品名は「King of Green HOSHINO Super Premium」で、茶葉は高級茶の産地として知られる福岡県八女市星野村で生産された。昨年の農林水産大臣賞を受賞した4キロの手摘み玉露茶葉の中から600グラムを入手し、食品添加剤を一切使用せず、茶葉と水だけで3日間かけてじっくりと抽出した。

 「華やかな香りと、さわやかな風味」で、昨年末から国内向けに2本、現地の日本食レストランなどで同社の茶飲料が採用されているシンガポールで3本、香港で2本をインターネットなどで販売している。

 ペットボトル入りの日本茶が普及するあおりを受け、高品質な茶葉を生産している茶農家が衰退するなか、同社は「日本茶を高級ブランドにする」として平成18年に設立。昨年3月には茅ケ崎市内に新工場を稼働させた。同社製品は現在、国内外の高級レストランや国際線ファーストクラス、百貨店などで提供・販売している。

 パーティーや高級料理を楽しむ会席では、アルコール飲料が中心となりがちだが、同社はアルコールが苦手な人も楽しめるようにワインボトル入りの高級茶飲料を開発し、ワイングラスで飲むことを推奨。「日本茶を世界に通用する高級ブランドとして育成していきたい」としている。