産経ニュース

【春高バレー】下北沢成徳3年・堀江美志選手 さらに上を目指し実業団へ 

地方 地方

記事詳細

更新

【春高バレー】
下北沢成徳3年・堀江美志選手 さらに上を目指し実業団へ 

 「いいぞ、いいぞ、堀江」。第1セットで連続得点を決め、スタンドから黄色いメガホンで大声援が送られる。一球一球を必死で追いかけ、主将の黒後や1年生の石川とともに、女王にふさわしいパワーバレーを見せつけた。

 大会連覇を目指し、時には日付が変わるぎりぎりまでスパイクやキャッチの猛練習をこなしてきた。その成果は高校最後の大一番でも存分に現れ、小川監督も「ジャンプ力、パワーが出ていた」と絶賛。「仲間がいたから乗り越えられた」と笑顔で振り返る。

 試合後、「勝って当たり前というプレッシャーがあったので、ほっとした」と打ち明けた。最高の形で高校バレー生活を締めくくったが、ここで満足したわけではない。卒業後は実業団チームに入り、さらに上を目指すつもりだ。「私のレシーブやスパイクはまだまだ。これから足りない部分を補っていきたい」と夢を追い続ける。(牧山紘子)