産経ニュース

【静岡古城をゆく】新野氏屋敷(御前崎市) 井伊直政救った左馬助の住居

地方 地方

記事詳細

更新

【静岡古城をゆく】
新野氏屋敷(御前崎市) 井伊直政救った左馬助の住居

 新年から話題になるのは、徳川四天王の一人・井伊直政(当時は虎松)を今川氏から命懸けで守った、もちろん「おんな城主・直虎」であるが、もう一人、命の恩人ともいわれるのが新野左馬助親矩(にいの・さまのすけ・ちかのり)である。遠江国笠原荘新野(旧浜岡町新野)を本地とした今川一門であったが、左馬助室は井伊一族の奥山氏で、また妹は桶狭間で今川義元とともに戦死した直盛に嫁ぎ、その一人娘が出家した次郎法師直虎で左馬助のめいにあたる。

 井伊氏は、今川氏親の遠江侵攻に際して度々盾突き、さらに義元の家督相続でも対立した小田原北条氏とくみしたことで、今川氏から相当な圧力がかかった。そのころ、左馬助は目付家老として井伊氏に付属したといわれている。しかし、義元の桶狭間での戦死を契機に井伊氏は徳川家康に内通し、今川氏に当主・一族が次々と暗殺され、最後に残ったわずか2歳の虎松にも誅殺の命が下り、左馬助は身命を擲って助命嘆願し許され、虎松を保護したという。だが、その後、左馬助は今川氏を裏切った飯尾連龍(つらたつ)の討伐に向かい、引馬城(浜松市)で討ち死にしてしまった。

 井伊家は幕末、井伊中守が新野の名跡を相続し、新野村へ出向き、墳墓調査を行い、間蔵で墓石を発見した。墓所を再興し、新野新城(舟ケ谷の城山)が良く見える新野郷有ケ谷の左馬武神社に左馬助公を祭り、井伊家の菩提寺(ぼだいじ)である龍潭寺(りょうたんじ)にも墓が設けられている。(静岡古城研究会会長 水野茂)