産経ニュース

古河市長に針谷氏初当選 経済活性化訴え現職破る

地方 地方

記事詳細

更新


古河市長に針谷氏初当選 経済活性化訴え現職破る

 任期満了に伴う古河市長選は27日投票が行われ、即日開票の結果、元市議で新人の針谷力氏(55)が、再選を目指した現職の菅谷憲一郎氏(64)=いずれも無所属=を破り、初当選を飾った。当日有権者数は11万9027人で、投票率は47・42%(前回64・71%)だった。「刷新」か「継続」かが問われた今回の選挙。有権者が選んだのは刷新だった。

 午後9時過ぎ、同市上辺見の選挙事務所に「当確」の報が入ると、集まった支持者から「やったー」などと割れんばかりの歓声が上がった。その後、雨の中、事務所前で祝勝会。万歳三唱の後、針谷氏は「皆さんとの約束通り古河の力となります」と決意を語った。

 敗れた菅谷氏は同市葛生(かずろう)の選挙事務所で「応援してくれたのに力足らずで申し訳なかった」と支援者に頭を下げて回った。

 市議6期の経験をもつ針谷氏は選挙期間中「合併後の新しい町づくりが見えない」と菅谷市政を批判。後援組織をフル稼働させ、「経済活性化による県西の中心都市づくり」を訴えた。

 新人5人、元職1人が立候補した市議補選(欠員1)も27日、投開票が行われ、新議員が決まった。

                   ◇

 ◇古河市長選 開票終了

 当   32988 針谷  力 無新

     22796 菅谷憲一郎 無現

                   ◇

 針谷(はりや)  力(ちから)55 〔1〕

 会社役員(市議・古河青年会議所理事)独協大