産経ニュース

相生市が移住促進アニメ HPでPR、CM放映も 兵庫

地方 地方

記事詳細

更新


相生市が移住促進アニメ HPでPR、CM放映も 兵庫

相生市が制作した移住促進アニメの一場面(同市提供) 相生市が制作した移住促進アニメの一場面(同市提供)

 子育て世代を中心に手厚い政策を進めて移住・定住を促進しようと、相生市はアニメーションでのPR作品「あいのまち!Its’ a wonderful days in Aioi」を制作し、先月下旬から市のホームページ(HP)で公開を始めた。短縮バージョンを姫路市内の映画館でCM放映するなど、メディア展開も行っている。

 作品を手がけたのは、多くのアニメ作品を制作する「旭プロダクション」(東京)。スタジオがある宮城県白石市からスタッフらが相生市を訪れ、市内の名所や街並み、市の伝統行事でもある「相生ペーロン祭」といった行事の取材をもとに2分半の作品に仕上げた。

 制作費は約300万円。アニメでは、谷口芳紀市長のほか、30~40歳代の子育て世代の市職員からの意見も取り入れ、小中学校の給食費無料など「子育てしやすい」まちづくりを進める市の取り組みを強調。主人公の夫婦の会話で「新幹線もとまる」「神戸から電車で60分」といった利便性を訴える内容も含まれている。

 アニメ作品は市のHPで公開中だが、15秒の短縮バージョンを、先月末から姫路市の映画館「アースシネマズ姫路」で上映前に流れるCMとして使用。来月からは神戸市中央区の「OSシネマズ神戸ハーバーランド」でも放映を予定している。

 同市の人口(10月末現在)は3万263人で、3万人の“大台”を割りたくない市は「この作品で相生市へ関心を深めてもらい、人口増につながれば」と期待している。