産経ニュース

神奈川県、動物保護センター譲渡室の建設費をクラウドで募集

地方 地方

記事詳細

更新


神奈川県、動物保護センター譲渡室の建設費をクラウドで募集

 県は、平成31年4月に平塚市内に開設予定の新たな動物保護センターに設置する「ふれあい譲渡室」の建設費500万円をインターネット上で資金を募るクラウドファンディングで募集している。12月28日まで。県担当者は「人と動物との橋渡し事業にぜひ賛同してほしい」と呼びかけている。

 ふれあい譲渡室は約10平方メートルで、保護された動物が新たな飼い主の候補者と面会する場所。寄付金額は3000円からで金額に応じて、保護された動物をモデルに起用したデスクトップカレンダーや同センターのオープニングセレモニー招待券などが進呈される。

 詳しいクラウドファンディングの情報は「READYFOR」のホームページ(https://readyfor.jp/projects/happyanimal)。

 県は保護された動物の殺処分ゼロ計画を展開しており、犬は25年度以降3年連続、猫に関しては26年度以降2年連続で殺処分ゼロを達成している。県はセンター建設資金14億円のうち11億円を寄付で集める予定だ。

 問い合わせは県生活衛生課(電)045・210・4947。