産経ニュース

大地震だ、列車から避難! JR香住駅で津波訓練、通学の中学生40人も

地方 地方

記事詳細

更新


大地震だ、列車から避難! JR香住駅で津波訓練、通学の中学生40人も

緊急停車した列車から避難する中学生。迫真の訓練が行われた=香美町香住区 緊急停車した列車から避難する中学生。迫真の訓練が行われた=香美町香住区

 東日本大震災を教訓に、大規模地震と津波を想定し、JR西日本福知山支社は16日、香美町香住区のJR香住駅構内で、運行列車からの避難訓練を繰り広げた。列車通学をしている地元の町立香住第一中学校の生徒約40人も初参加し、近くの高台に避難した。

 日本海で地震が発生し、山陰線の鎧~香住駅間を走行中の浜坂発豊岡行き上り普通列車(2両編成)が香住駅構内で緊急停車後、津波警報で運転士が乗客を高台に避難誘導する-という訓練。JR職員が避難の手順などを確認した。

 同校は香住区内の香住漁港近くにあり、地震の訓練は何度も行われているが、生徒が通学などで列車を利用していることから、今回のJR訓練に参加した。

 訓練場所は香住駅西側の矢田川そばで、津波浸水区域内。生徒やJR職員ら約70人が乗り込んだ列車は香住駅に向かう途中で緊急停車。

 運転士が「急いで降りてください」と大声で叫ぶと、生徒たちは非常用はしごを使って列車から離れ、駆け足で駅近くの高台の公園に避難した。

 10月には鳥取県中部地震が発生しただけに、生徒らは真剣な表情。

 柴山駅から列車通学している3年の博多奈美恵さん(15)は「列車に乗ったときに地震が起きたら怖い。運転士の指示に従って、すぐに避難します」と話した。