産経ニュース

商品充実お待ちしています 京都すばる高が19、20日に恒例「デパート」

地方 地方

記事詳細

更新


商品充実お待ちしています 京都すばる高が19、20日に恒例「デパート」

 授業の一環として、生徒が企画・開発した商品を販売する府立京都すばる高(京都市伏見区)恒例の「京都すばるデパート」が19、20の両日、同校で開催される。府教委を訪れた生徒代表は「たくさんの商品をそろえ、お待ちしています」と来場を呼びかけた。

 生徒の出資金(実習費)を元手に運営するデパートは、同校の会計▽企画▽ビジネス探求▽情報科学-の4学科の特徴を生かした実践的な学習を通じ、コミュニケーション能力やビジネス感覚などを養うのが目的。

 パンなどが充実する中、企画科3年生が考案したみたらし団子風味の「あん入り生八ッ橋」は注目。京仏具とのコラボで、最近話題のヘアアクセサリー「マジェステ」に京都らしいデザインを組み合わせた商品も、出品する。このほかタオル・文具などの同校オリジナル商品から工芸品、園芸品などもそろえた。

 今年は30回目の節目とあって、「おかげさまで30年! 心ぬくもるおもてなし~すばるがつなぐみんなのバトン」をテーマに、35会社と、網野・海洋・須知・農芸の4府立高、府立支援学校や府立陶工高等技術専門校、種智院大学の協力のもと、計22店舗が約2千品目を取り扱う。

 デパートは両日とも午前9時半~午後3時。また両日の午前11時~11時40分には中学生・保護者対象学校説明会も開催する。