産経ニュース

世界の料理や遊びに歓声 箕面の公園で多民族フェス

地方 地方

記事詳細

更新


世界の料理や遊びに歓声 箕面の公園で多民族フェス

 世界の民族や文化を、食や芸能を通じて紹介、交流を深める「多民族フェスティバル2016」が12日、大阪府箕面市小野原西の小野原公園で開かれ、市民や外国人らでにぎわった。

 「であい ちがい たのしい!」が今回のテーマ。会場ではベトナム、ブラジル、インドネシアなどの料理が味わえる「世界の屋台村」がおいしそうな香りを振りまき、外国の遊びを楽しめる「世界のあそVIVA!」は、子供たちの歓声でいっぱいに。

 ステージではインドや韓国の踊り、音楽、民族衣装のファッションショーなどがあり、各国の衣装を身につけた人たちが写真におさまるなど交流を深めていた。

 同市内には、大阪大箕面キャンパス(旧大阪外大)があることなどから、93カ国(地域)約2400人の外国人が生活しており、国籍の違いを越えて交流しようと10年前から同フェスティバルが開催されている。