産経ニュース

ビッグサイトの代替仮設展示場 設置期間1年8カ月に延長

地方 地方

記事詳細

更新


ビッグサイトの代替仮設展示場 設置期間1年8カ月に延長

 2020年東京五輪・パラリンピックの期間中に使用ができなくなる東京国際展示場(東京ビッグサイト)について、都は10日、代替施設として近隣に整備する約2万3千平方メートルの仮設展示場の設置期間を平成31年4月~32年11月の1年8カ月に延長すると発表した。当初計画は31年4月からの1年間だった。

 ビッグサイトは五輪競技を世界中継する「国際放送センター」整備のため、現在の8万平方メートルのうち5万平方メートル分が31年4月から1年間使用中止。32年4月からの7カ月間は、すべて大会用に使われる。

 都は法律に基づく1年間の仮設設置を計画する一方、五輪期間の代替措置は予定していなかった。これに対し、中小企業などから「五輪期間にまったく使えない事態は避けてほしい」との声があり再検討。例外規定適用で、32年11月まで設置可能と判断した。