産経ニュース

太田の神社放火に懲役12年 地裁「財産的損害は大きい」

地方 地方

記事詳細

更新


太田の神社放火に懲役12年 地裁「財産的損害は大きい」

 太田市本町の高山神社社殿に放火、全焼させたなどとして非現住建造物等放火などの罪に問われた同市高林北町の無職、市川一夫被告(59)の裁判員裁判の判決公判が31日、前橋地裁(野口佳子裁判長)で開かれた。野口裁判長は懲役12年(求刑懲役17年)を言い渡した。

 判決理由で野口裁判長は、放火に計画性はないものの犯行によりいずれの建物も全焼させておりその被害は甚大で、「財産的損害は大きい」とし、その上で「深く考えずに行った犯行は安易で短絡的」とした。

 争点となっている責任能力に関し、市川被告は非社会性パーソナリティー障害であるが、その行動特性が顕著なものとはいえず、「事件当時、市川被告には行動制御能力があった」とし、責任能力を認めた。

 一方で市川被告が各犯行に及ぶ上で影響した被告自身の行動特性として、「若年時の生育環境により社会的な学習の機会が十分に得られなかったことが要因の一つ」とし、「この点については被告自身を責めることはできない」とした。

 判決文によると、市川被告は平成26年11月から翌年6月にかけ、窃盗目的で民家や高山神社に侵入し放火を繰り返したとしている。