産経ニュース

【あれから 鬼怒川決壊1年】(2)被災資料きれいに修復、里帰り

地方 地方

記事詳細

更新

【あれから 鬼怒川決壊1年】
(2)被災資料きれいに修復、里帰り

 机上に並べられたのは、紙芝居や書籍などの資料、合わせて31点。紙はさらさらとした感触で、無臭だ。1年前、浸水被害を受けてどろどろでよれよれだったころの面影はない。

 「ここまできれいになるのかと驚いた。他にはない資料を守れたということは大きい」

 常総市立図書館(同市水海道天満町)奉仕係の門井中(ひさし)主査兼係長は感嘆の声を上げた。資料は国立国会図書館(東京都千代田区)で修復され、6月、ふるさとに帰ってきた。

 市内唯一の図書館である常総市立図書館は、昨年9月の東日本豪雨で床上約30センチまで浸水。書棚の下段にあった本を中心に泥水に漬かり、本やCDなど計約3万点を処分した。貴重な郷土資料なども例外ではなかった。

 「ヘドロがこびりついて変色し、紙はそり曲がって波打っていた。カビが生えていたものもあった」と門井さんは振り返る。すぐに151点を国立国会図書館に搬送。しかし修復には膨大な手間がかかるため、代替品のあるものは諦め、最終的に31点に絞った。

 国立国会図書館資料保存課によると、送られた資料はページごとに分解し、1枚ずつ水洗いで臭いを取った。不織布と段ボールで挟んで紙が波打たないように乾燥させ、破れや欠損を特別なのりや和紙を使って補修。最後に糸で元通りに製本したという。

 修復されたのは明治38年に出版された地図「下総国輿地全図(しもうさのくによちぜんず)」や和書「下総国舊事考(きゅうじこう)」などの郷土資料や、平成14年度の市立鬼怒中1年が作成した「総合的な学習の時間 課題報告集」など。絶版になっている「アンパンマン」シリーズなどの紙芝居12点もきれいになった。

 本館は10月4日に再開する。被災前は閉架扱いだったものも含め、再開から約1カ月間、特設コーナーで展示する。紙芝居は被災前と同様、貸し出しも可能だ。

 常総市立図書館は3月1日から、仮設図書館に蔵書の一部を移し、貸し出しを再開。仮設での7月の利用者は1323人、貸出冊数は5459冊だったが、これは被災前の昨年7月の3365人、1万6403冊に比べると半分にも満たない。

 今月1日からは仮設も閉館し、本館での貸し出し再開に向けた準備を加速させている。本館は復旧工事に際し、本棚の容量を増やした。また、浸水被害を受けた反省から、本棚の一番下の段を空けるようにするという。準備に追われる門井さんはこう語った。

 「1年前は、ちゃんと元に戻るのか不安しかなかったが、なんとかここまできた。もう一度、利用者に喜んでもらえる図書館を目指します」 (上村茉由)