産経ニュース

等身大おもてなし大使が出迎え 松山城にAKB・小笠原さんら3人のパネル設置

地方 地方

記事詳細

更新


等身大おもてなし大使が出迎え 松山城にAKB・小笠原さんら3人のパネル設置

 松山市の観光PRを行う「松山おもてなし大使」に今春就任した、人気アイドルグループ・AKB48の小笠原茉由さん、大森美優さん、向井地美音さんの等身大パネルが製作され、設置された同市大街道の松山城山ロープウェイ東雲口駅舎でお披露目が行われた。

 パネルは、同様にAKBから選ばれた前任の菊地あやかさんと名取稚菜さんについても、2人の写真を使って製作。好評で3人についても引き続き作られた。

 お披露目式には、小笠原さんと大森さんが出席。平野陽一郎・同市産業経済部長が「パネルが松山城の新しい魅力に加わります」とあいさつし、除幕が行われた。

 自らのパネルに、小笠原さんは「本当にうれしい。人の温かさを感じ、いろいろ魅力が詰まった松山市を、もっともっと広めていきたい」と笑顔。大森さんも「知れば知るほど好きになる街。松山と一緒にどんどん活躍していけたらいい」と話し、2人はパネルに付ける吹き出しにも「ようおいでたなもし?」などとサインした。

 3人のパネルは同駅舎3階に設置され、訪れる観光客や市民らに笑顔を届けていく。