産経ニュース

18、19歳の投票率54・70% 参院選神奈川選挙区、全国調査を上回る

地方 地方

記事詳細

更新


18、19歳の投票率54・70% 参院選神奈川選挙区、全国調査を上回る

 県選挙管理委員会は、7月10日に投開票された参院選で、新たに有権者となった18、19歳の神奈川選挙区での投票率が54・70%だったと発表した。全体の投票率55・46%を下回ったが、総務省が公表した18、19歳投票率の全国抽出調査の速報値である45・45%は上回った。

 18歳(当日有権者数8万2639人)の投票率を市区町村別でみると、高かった順に、横浜市青葉区67・54%▽鎌倉市66・74%▽茅ケ崎市65・88%▽川崎市中原区64・26%。横浜、川崎両市が、全市平均で6割を超えた。低かったのは、湯河原町42・17%▽箱根町45・21%▽愛川町46・26%。

 また、19歳(同8万5309人)では、高い順に、山北町61・11%▽茅ケ崎市60・84%▽逗子市59・30%▽横浜市青葉区58・35%。低かったのは、箱根町30・70%▽三浦市39・44%▽大井町40・99%。県西地区で投票率が伸びなかった。

 18歳全体の投票率は58・44%で、19歳全体の51・09%を上回った。横浜市選管は「正確なデータは取っていないが、20代前半と比べ高めに出た印象。(選挙年齢の引き下げの)メリットはあると思う」とし、「まとまったレクチャーなどができない19歳の投票率が下がってしまうのが課題」と話した。

 県選管は「従来の取り組みを踏まえ、今後も投票行動につながるようにしていきたい」としている。