産経ニュース

JR東 駅ナンバリング導入開始 目黒駅に「JY22」

地方 地方

記事詳細

更新


JR東 駅ナンバリング導入開始 目黒駅に「JY22」

 駅ごとに番号を割り振る「駅ナンバリング」の導入がJR東日本で始まり、20日未明に目黒駅(東京都品川区)で最初の駅名看板の交換作業が行われた。同社は9月末までに都内23区など計69駅で順次作業を進める。

 2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、訪日外国人にも分かりやすい表記を目指す。

 「JY」(山手線)「JT」(東海道線)などの路線記号に番号を組み合わせる。主要21駅では「TYO」(東京駅)「SJK」(新宿駅)などの記号も付ける。駅名は現在の英語に加えて中国語と韓国語でも表記する。

 目黒駅に割り振られたのは「JY22」。19日夜の終電後、作業員約20人がホーム上の駅名板を入れ替えたり、柱にシールを貼るなど24カ所で作業を行った。松河克彦駅長(55)は「今後増えていく外国人客にも利用しやすい鉄道にしていきたい」と話した。