産経ニュース

男性暴行死で7人逮捕 傷害致死容疑、4人は否認 千葉

地方 地方

記事詳細

更新


男性暴行死で7人逮捕 傷害致死容疑、4人は否認 千葉

 四街道市大日の無職、栗田容さん(53)が暴行を受けて死亡した事件で、県警捜査4課などは18日、傷害致死の疑いで佐倉市上志津、自称運転手、大月裕如容疑者(46)ら32~54歳の男7人を逮捕したと発表した。同課によると、大月容疑者ら3人は容疑を認め、残り4人は「現場にいたが手を出していない」などと否認している。

 7人の逮捕容疑は7月23日午後11時10分ごろから翌日の午前0時40分ごろにかけ、大月容疑者の自宅付近の駐車場などで、栗田さんの全身に殴る蹴るなどの暴行を加え、出血性ショックで死亡させたとしている。

 同課によると、栗田さんは大月容疑者方を自ら訪ねた後に暴行を受けたとみられ、犯行当時、現場には10人以上がいた。同課は栗田さんと容疑者らに何らかのトラブルがあったとみて、事件の経緯などを捜査している。

 直後の24日未明、知人男性が栗田さんを佐倉市内の病院に搬送。病院から「男性が心肺停止の状態で搬送されてきた。誰かとけんかをしたようだ」などと佐倉署に通報があって事件が発覚していた。