産経ニュース

筑西の梨食べ頃、市長ら知事表敬「今年は甘い」

地方 地方

記事詳細

更新


筑西の梨食べ頃、市長ら知事表敬「今年は甘い」

 梨の栽培が盛んで、栽培農家数が県内最多を誇る筑西市の須藤茂市長と、JA北つくばの国府田利夫組合長らが、県庁に橋本昌知事を表敬訪問し、市特産の梨をPRした。

 同市下館、関城の両地区は県青果物銘柄産地に指定され、栽培される梨は品質や安全性で高く評価されている。市内で栽培されているのは上品な甘さが特長の「幸水」、大玉でジューシーな「あきづき」など6品種。幸水は先月29日に出荷が始まり、食べ頃を迎えている。

 国府田組合長が「今年は雨が少なく、例年より糖度が高くなっています」と説明すると、幸水を試食した橋本知事は「さっぱりしているが、しっかり甘くておいしい」と応じ、満足そうだった。同市のマスコットキャラクター「ちっくん」も同行し、PRに精を出していた。