産経ニュース

「涼を感じて」 東大阪市役所でトライくんも「打ち水」

地方 地方

記事詳細

更新


「涼を感じて」 東大阪市役所でトライくんも「打ち水」

 東大阪市役所を訪れる市民らに涼を感じてもらおうと、野田義和市長や職員らが市役所本庁舎周辺で打ち水を行った。平成19年から毎年7月の最終週に実施しており、今年は29日まで行われる。

 打ち水は、野田市長とともに50人を超える職員のほか、市のマスコットキャラクター「トライくん」も参加。参加者は雨水と工業用水を入れたバケツやじょうろを持ち、庁舎東側の玄関付近や自転車置き場周辺のコンクリートに水をまいた。

 約10分間の打ち水後、周辺気温を測定したところ、実施前の30度から29度に低下。昨年は打ち水を実施した5日間で、打ち水後の気温が打ち水前と比べて平均で約2度低下したという。

 市環境部の女性職員、井上青空(あおぞら)さん(18)は「打ち水の良さを広く知っていただけるよう、啓発に努めたい」と話していた。