産経ニュース

パナソニック真岡工場閉鎖へ 子会社テクノデバイス統合で 栃木

地方 地方

記事詳細

更新


パナソニック真岡工場閉鎖へ 子会社テクノデバイス統合で 栃木

 パナソニック(大阪府門真市)は20日、真岡市で太陽光発電の変換器などを製造している子会社のテクノデバイスを統合し、来年4月1日をめどに同市松山町の真岡工場を閉鎖する方針を発表した。

 同社によると、製造子会社の事業領域を見直し、経営体質強化と競争力向上を図るため、テクノデバイスの太陽光発電変換器を扱うパワーコンディショナ事業を、子会社の島根三洋電機(島根県雲南市)に統合、電子機器基板事業はパナソニックAP空調・冷設機器(群馬県大泉町)に移管し、宇都宮市で事業を継続していく。これにより、テクノデバイスは島根三洋電機と統合、パナソニックESソーラーシステム製造(PESSSM)と社名を変え、真岡工場は閉鎖する。

 現在、真岡工場には約80人の社員がいる。